/

この記事は会員限定です

新潟県内のメーカー、廃プラ対策の商品・技術開発

[有料会員限定]

新潟県内のメーカーがプラスチックごみ(廃プラ)対策を意識した商品や技術開発に取り組んでいる。家庭用品の川崎合成樹脂(三条市)は既存製品の一部に生分解性素材を採用。食品開発のバイオテックジャパン(阿賀野市)はプラスチック分解技術の研究を始めた。廃プラ対策への関心が高まるなか、商機につなげる狙いだ。

川崎合成樹脂は2020年4月から、岩塩やコショウの粉砕器(ミル)など既存の10種類のプラスチック製品を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り907文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン