/

介護報酬7億円不正受給 横浜の老人保健施設

横浜市は25日、同市旭区の介護老人保健施設「希望の森」を運営する医療法人「司命堂会」が、介護報酬約7億5千万円を不正に受け取っていたと明らかにした。

市は医療法人に、時効が成立していない2017年6月~18年7月分の約1億5千万円について、加算金を含めて返還請求した。施設の新規利用者の受け入れを10月1日から1年間停止する行政処分も出した。

市によると、施設は13年4月~18年7月まで、医師の配置数が基準を満たしていなかったのにもかかわらず、実際には勤務していない医師の勤務表を提出し、介護報酬を不正受給していた。市は今後、刑事告発や告訴をするかどうか検討する。

施設側は「応援の医師がいたので問題ないと思っていた」と主張したが、詳しい勤務実態は確認できなかった。昨年5月、市に通報があり監査や聞き取りを進めていた。希望の森は「主張が認められなかったのは残念だが、市の方針には従う。現在の利用者に影響が出ないよう対応する」とするコメントを出した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン