副業時代を考える(9) 幸福感はもたらされるか
東洋大学准教授 川上淳之

やさしい経済学
コラム(経済・金融)
2019/9/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

最終回は副業が人々に与える幸福感について考えたいと思います。ここで扱う「幸福感」は主観的に自分が幸福だと感じているかどうかです。

リクルートワークス研究所が実施している「就業実態パネル調査」は、働いている人々になぜ副業を持っているのか(もしくは、なぜ持ちたいのか)と、現在幸福であるかどうかの両方を質問しています。

【関連記事】 副業時代を考える(8)企業の事情と政策意図のズレ

この調査をもとに、副業に幸福感を高める効果があるのかどうかを調べました。幸福であると答えた人の割合を、副業を持つことを希望する人と副業を持っている人で比較すると…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]