越前和紙で不燃材認定、内装材に活用 福井の杉原商店

2019/9/25 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

和紙問屋の杉原商店(福井県越前市)は取り扱う和紙の9割について、不燃材料の認定を取得した。和紙は内装材として注目が集まるが、これまでガラスに挟んだり薬剤を塗布したりする処理が必要だった。今回の認定で不燃建材と合わせれば、そのまま壁紙に使えるようになる。公共施設やホテルのほか一般住宅にも市場を広げ、越前和紙の需要回復につなげる。

建築基準法に基づき、国土交通大臣の認定を受けた。石こうボードやコンク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]