GPIF、環境債に本格投資 2020年度にも
【イブニングスクープ】

2019/9/25 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、早ければ来年度にも環境分野への配慮に優れた「グリーンボンド(環境債)」への投資を本格的に始める方針だ。10月から環境債を対象に算出する指数を民間の指数算出会社から募り、指数に連動する形で投資する。

GPIFはESG(環境・社会・企業統治)投資を重視しており、経済の持続的な成長を資金面から後押しする。国内の環境債市場の育成にもつながる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]