/

東芝メモリ、成毛社長が病気療養継続

東芝メモリホールディングス(HD)は25日、成毛康雄社長が病気療養を継続すると発表した。当初は9月中の復帰を予定していたが、10月以降の復帰を目指す。社長業務は早坂伸夫副社長が代行を続ける。東芝はメモリー事業を2017年4月に分社し、成毛氏は東芝メモリHDと事業子会社の東芝メモリの社長を兼務している。東芝メモリHDは10月1日付で「キオクシアホールディングス」に社名変更する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン