/

この記事は会員限定です

DNAのジャンク(ごみ) 第一三共会長 中山譲治

[有料会員限定]

数年前、女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが、ガン予防のため乳房や卵巣の切除手術をしたと公表し、話題になった。彼女の場合、ガン抑制遺伝子に生まれつき異常があり、87%の確率で乳がん、50%で卵巣がんになると診断されていた。

ガンは国内外で罹患(りかん)率が高く、日本では2人に1人が生涯に1度はかかると言われている。ガンはDNAに書かれたゲノム情報に様々な要因で誤りが蓄積し、細胞が正常な制御機能から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り449文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン