/

この記事は会員限定です

茨城県舞台に青春小説 作家・額賀澪氏

人物ファイル

[有料会員限定]

2015年に「屋上のウインドノーツ」で松本清張賞を、「ヒトリコ」で小学館文庫小説賞をそれぞれ受賞し、2作品を同時に発売して文壇デビューを果たした。額賀澪さんは「屋上のウインドノーツ」で自身が通っていた清真学園高校(茨城県鹿嶋市)をモデルとするなど、地元の茨城県を舞台にした数多くの青春小説を世に送り出している。

小学校4年生の時に遊びの延長で初めて小説を書いた。中学に入学し、重松清さんの作品を読むよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り626文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン