茨城県舞台に青春小説 作家・額賀澪氏
人物ファイル

2019/9/25 16:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2015年に「屋上のウインドノーツ」で松本清張賞を、「ヒトリコ」で小学館文庫小説賞をそれぞれ受賞し、2作品を同時に発売して文壇デビューを果たした。額賀澪さんは「屋上のウインドノーツ」で自身が通っていた清真学園高校(茨城県鹿嶋市)をモデルとするなど、地元の茨城県を舞台にした数多くの青春小説を世に送り出している。

小学校4年生の時に遊びの延長で初めて小説を書いた。中学に入学し、重松清さんの作品を読む…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]