マツダ、新型SUV「CX-30」で三重苦を打破へ

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/9/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マツダは新型多目的スポーツ車(SUV)「CX-30(シーエックス―サーティー)」の受注を国内で始めた。マツダは価格を上げても走り心地など独自の価値を売り込む「プレミアム化」を突き進めるが、足元では苦戦を強いられている。SUVはマツダが強さを発揮できる、国内外の人気が集中する車種。2年ぶりの新型車投入で形勢逆転を狙う。

■使いやすいサイズ感

「CX-30」の最大のポイントは都市部の狭い道とアウトドア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]