/

この記事は会員限定です

釧路名物「勝手丼」、消費税軽減税率の線引きに悩む

[有料会員限定]

持ち帰り(消費税率8%)か、店内飲食(同10%)か――。10月からの消費増税に伴う軽減税率の取り扱いをめぐり、釧路名物「勝手丼」を販売する釧路和商市場(北海道釧路市)の関係者が頭を悩ませている。勝手丼はカップに入った白飯を買い、ホタテやイクラなど好みの海産物を乗せて食べる。持ち帰り客が店内で飲食する場合の線引きが難しく対応を迫られている。

釧路駅にほど近い同市場は新鮮な海産物を販売し、観光客が多く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り255文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン