「草食」は中国の高カロリー社会を救うか (グローバルViews)
編集委員 村山宏

グローバルViews
村山 宏
コラム(国際)
2019/9/29 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

草食経済――。中国に最近登場した新語だ。中国でも健康志向の高まりから、低カロリーの野菜や果物、雑穀を中心とする食事がブームになっている。これをメディアが冗談半分に草食(中国語では食草)経済の勃興と呼び始めた。40年ほど前までは飢餓におびえていた中国だが、今や食べ物があふれ、成人の肥満率は3割を超える。肥満増加に伴って糖尿病も急増しており、病気予防の観点からも「草食経済」は中国社会に広がる可能性が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]