/

この記事は会員限定です

WeWork創業者退任 ソフトバンクG、連合戦略ほころび

[有料会員限定]

シェアオフィス「ウィーワーク」運営の米ウィーカンパニーは24日、共同創業者アダム・ニューマン氏が最高経営責任者(CEO)を辞任したと発表した。企業統治の問題が発覚し、投資家が懸念を強めていた。最大の支援者で大株主のソフトバンクグループが辞任支持に回り、外堀を埋められたもようだ。ソフトバンクGが投資先の経営に積極的に関与すれば、起業家の反発を招きかねない。孫正義会長兼社長が理想とする緩やかな連合経営「群戦略」がうまく機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り959文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン