[FT]労組の圧力がかき消した英労働党EU残留派の声

英EU離脱
FT
2019/9/25 15:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

英最大野党労働党のコービン党首が2015年の党首選で圧勝できた理由は、党員が政策を決めるという同党で初めての制度を公約として掲げたからだ。

それから4年が経過し、党大会中の23日午後に行われた歴史的な投票でコービン氏は、欧州連合(EU)残留へと同氏を方針転換させようとする勢力による造反を、労働組合の影響力を使って押さえつけた。

ベテラン政治家でEU懐疑派のコービン党首に対して、離脱問題に関して曖…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]