「RCEPの問題児」インド悩ます自由化の得失
アジア総局長 高橋徹

Asia Analysis
2019/9/25 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

妥協すべきか、せざるべきか――。東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓、オーストラリア、ニュージーランドの計15カ国を相手にする東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉で、インドのモディ政権は今そんなハムレットの心境だろうか。

2013年5月の交渉開始から6年余りが過ぎたRCEPは、目標の年内決着へ大詰めを迎えた。19年に入りインドネシア、カンボジア、オーストラリア、中国、タイと舞台を移しつ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]