/

国宝「彦根屏風」流出危機救う 平和堂創業者の地元愛

時を刻む

平和堂の本部に飾られている彦根屏風のレプリカを見て、父の平次郎氏をしのぶ夏原平和会長(滋賀県彦根市)

近世初期風俗図の代表的な作品として知られる紙本金地著色風俗図(しほんきんじちゃくしょくふうぞくず)。江戸時代、彦根藩主・井伊家に伝来したことから「彦根屏風」の名で親しまれ、国宝に指定される。実は滋賀県彦根市の宝でもあるこの彦根屏風、一時は市から流出寸前の危機に見舞われた。それを救ったのが平和堂の創業者、夏原平次郎氏(1919~2010年)だった。

6枚に折り畳むことができる一組の六曲一隻からなる彦根屏風は京都・六条柳町の遊里を描いたとされる。制作時期は人物の描き方などで江戸時代の初期、寛永年間(1624~1644年)か、その前の元和年間(15~24年)と推測される。

作者は狩野派?

作者は落款がないため不明だ。彦根城博物館(彦根市)の高木文恵学芸員によると「描き方などで狩野派の絵師という見方が主流」という。背景を一切描かず、金箔で覆われている。その金地を背景に洗練された感性で人物が配置されている。そして髪の生え際の一本一本、衣装の文様の一つ一つに至るまで、執拗なまでの描写。「恐るべき筆力。そこからは作者の強い執念を感じる」(高木学芸員)

購入したのは井伊家14代藩主の井伊直亮(いいなおあき)。井伊家に残された目録には楽器商を介して手にしたと記されている。当初、千両とふっかけられたが、値切って買ったようだ。数字を表記した箇所が虫食いのため、正確な数字は不明だが、何百何十両というところまではわかっているという。

市に購入費寄付

井伊家の宝物として代々伝えられた。だが相続税支払いなどの関係で1994年に売却する旨を発表。これを受け、彦根市は買い取りを決めた。ただ予定費用は12億円と巨額。市は基金の取り崩しや一般財源、県からの借入金で充てようとした。これには議会が反発し、袋小路に陥った。

毎年4~5月に彦根屏風を公開し、それ以外は実物大のレプリカを飾る(滋賀県彦根市の彦根城博物館)

この状況を打破したのが当時、平和堂会長の夏原平次郎氏だった。96年12月18日。私財をなげうち、購入費12億円を市に寄付することを表明。市は井伊家から購入した。

平次郎氏の長男、夏原平和社長(現会長)はその表明の直前に会長室に呼び出されたことを今でも覚えている。「部屋に入ると厳しい顔をしたので、事業で何か言われるのかと思った」(平和氏)。平次郎氏から言われたのは「生み育ててくれた彦根のために、わしが12億円を寄付しようと思う。その代わり市はまちづくりや経済活性化などもっと必要な事業に投資してほしい」(同)という。

平和氏は「お父さんの金だし、そう決断したのなら思い通りにしてください」と答えた。すると厳しかった平次郎氏の顔が重荷がとれたのか、ほっとした様子になったという。

だが12億円は大金。「父の預貯金だけではまかなえず、母(千代さん)が保有する平和堂の株を担保に銀行から借り入れしたと聞いている」(平和氏)。平次郎夫妻が屏風をとどまらせたのだ。

平次郎氏にとって彦根屏風はどのような存在だったのだろうか。平和氏は「彦根にあるからこそ、屏風の値打ちがあると思う。屏風と彦根城。この2つのどちらかが欠けたら彦根に将来はないと思っていたのでは」とおもんばかる。その平和氏の彦根屏風感は「すばらしい作品。でも思いの外、小さいなという感じがする」と話す。

彦根屏風の高さは94センチ。有名な俵屋宗達の風神雷神図屏風は同155センチある。確かに小さい。彦根城博物館の高木学芸員は「一般的に風俗図は小ぶりの屏風が多い」という。大きな広間で皆で見るものではない。「少人数で楽しむプライベートな絵。井伊の殿様も一人で楽しんでいたのかもしれない」(高木学芸員)

井伊家の殿様がひそかに楽しんだ屏風は時を経て、江戸の世相を伝える第一級の芸術品に変貌した。彦根城博物館では原則、4~5月にかけて公開する。それ以外はレプリカが玄関で出迎える。平次郎氏の思いは彦根の宝として実り、訪れる人を魅了する。

(橋立敬生)

 夏原 平次郎氏 滋賀県河瀬村(現彦根市)生まれ。1953年彦根市に靴・鞄(かばん)・履物を販売する夏原商店を開業。57年に彦根市銀座に靴とカバンの店・平和堂を創業。平和堂を設立し社長に就任。89年会長、2008年に名誉会長に就任。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン