国宝「彦根屏風」流出危機救う 平和堂創業者の地元愛
時を刻む

関西タイムライン
2019/9/26 7:01
保存
共有
印刷
その他

近世初期風俗図の代表的な作品として知られる紙本金地著色風俗図(しほんきんじちゃくしょくふうぞくず)。江戸時代、彦根藩主・井伊家に伝来したことから「彦根屏風」の名で親しまれ、国宝に指定される。実は滋賀県彦根市の宝でもあるこの彦根屏風、一時は市から流出寸前の危機に見舞われた。それを救ったのが平和堂の創業者、夏原平次郎氏(1919~2010年)だった。

6枚に折り畳むことができる一組の六曲一隻からなる…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]