SDGs「進捗の遅れ」初の首脳級会合 国連で共同宣言

2019/9/25 6:56
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=大島有美子】米ニューヨークの国連本部で24日、「持続可能な開発目標(SDGs)」に関する初の首脳級会合が開幕した。国連に加盟する約190カ国・地域が参加し、共同宣言を採択した。持続可能な世界の実現に向けて、多くの分野で「進捗の遅れ」がみられると明記し、危機感を共有した。

「持続可能な開発目標」(SDGs)で初の首脳級会合が開催されたニューヨークの国連本部(24日)

会合は25日まで開く。国連は2015年、持続可能な開発のために「性の平等」や「飢餓を無くす」など30年までに達成すべき17の目標を「SDGs」として定めた。設定から4年後となる今回の会合で、初めて首脳級が集まり、各国の取り組みを紹介したり、進捗を確認したりする。

国連のグテレス事務総長は24日の冒頭の演説で「我々はあるべき姿からはかけ離れている」と述べ、進捗の遅れへの危機感を示した。共同宣言でも貧困撲滅や女性活躍など多くの分野での遅れを憂慮し、行動を加速する必要があるとした。国家間の経済格差が拡大していることについても危機感を示した。

「公平な国際貿易」が持続可能な世界の実現の原動力になるとも記した。グテレス氏は演説で「世界の貿易を巡る緊張が高まり、目標達成に向けた新たな障害が生じている」と述べた。宣言には各国に広がる保護主義を念頭に「ルールに基づいた開放的、公平な多国間の貿易システムを維持するよう努力する」との文言を入れた。

15年に定めた17の目標は引き続き維持する。環境分野においても、気候変動や海洋プラスチックごみの増加が人類に災いをもたらす危険性が高まっているとし、各国に具体的な行動を促す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]