米国向け車関税「撤廃」明記へ 貿易協定、時期示さず

2019/9/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=飛田臨太郎】日本政府が米国と妥結を目指す貿易協定をめぐり、米国向けの自動車や自動車部品の関税について撤廃する方針を明記する方向で最終調整していることが分かった。撤廃の時期は明示せず、米国と協議を継続する。事実上の先送りとなるが、日本側は将来の関税撤廃の布石にしたい考えだ。

日米両政府は25日(日本時間26日)の首脳会談で貿易協定の最終的な合意をめざす。正式な協定文書への署名は手続…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]