プロ野球

連覇の西武、「打線は水物」の常識覆す

2019/9/25 15:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

昨季、2001年の近鉄に並ぶリーグ最低防御率で優勝した西武のカラーは今季も変わらなかった。チーム打率と総得点はリーグトップ、チーム防御率は今季もリーグワーストの4.33。「野球は投手力」「打線は水物」という常識を覆すパ・リーグ連覇だった。

(記録は24日現在)

【西武、パリーグ2連覇 23度目】

昨季14勝4敗のエース菊池が海を渡り米マリナーズへ。昨季11勝の榎田、新加入の内海や新人の松本航もケガな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

メキシコ戦の5回、3点二塁打を放つ韓国・金賢洙(15日、東京ドーム)=共同

 野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「プレミア12」は15日、東京ドームで2次ラウンドの2試合が行われ、韓国(1次ラウンドC組1位)がメキシコ(A組1位)を7―3で破ったことにより、3勝1敗の日本(B …続き (15日 22:55)

美馬学投手=共同

 楽天から国内フリーエージェント(FA)権を行使した美馬学投手(33)がロッテに移籍することが決定的となっていることが15日、分かった。関係者によると美馬は10月に第1子が生まれ、家族の生活環境を重視 …続き (15日 20:40)

オリックスへの入団が決まり、「一生百錬」と記した色紙を掲げる沖縄・興南高の宮城大弥投手(15日、那覇市)=共同

 オリックスからドラフト1位指名された沖縄・興南高の宮城大弥投手(18)=172センチ、80キロ、左投げ左打ち=の入団が15日、決まった。那覇市内のホテルで交渉し、契約金8千万円、年俸770万円で合意 …続き (15日 18:58)

ハイライト・スポーツ

[PR]