/

この記事は会員限定です

老いるプラント、IoTで救え JSRや横河電が技術

[有料会員限定]

国内で老朽化が進むプラントの保守・管理に、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」などの先端技術を活用する動きが広がる。JSRや横河電機が、収集したデータの分析による故障予測や修理期間の短縮をめざす。中国などの新興国では最新鋭のプラント建設が相次ぐ。不具合の早期発見などで老朽プラントの生産性を高められるかは、日本企業が抱える大きな課題だ。

半導体材料や合成ゴム大手のJSRは、IoTを活用した石油化学プラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1303文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン