行き場探す投資マネー 都心品薄、地方は広がり欠く
堅調地価、潜む不安(上)

2019/9/24 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年の基準地価は2年連続で上昇し、地方圏の商業地も28年ぶりにプラスとなった。超低金利や訪日客の増加を追い風に堅調な動きを示したが、投資や不動産開発の現場では持続力への不安要因も垣間見える。

「第1志望は東京のオフィス。なければホテルで100億円ぐらいの物件がほしい」。香港の投資ファンドは9月中旬、日本の不動産大手に東京への投資希望を訴えたあと、こうも付け加えた。「厳しければ他の都市に投資…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]