/

この記事は会員限定です

N響が3年ぶり欧州公演へ、継続的な海外展開で存在感

首席指揮者ヤルヴィが導く世界クラスの地位

[有料会員限定]

NHK交響楽団は2020年2~3月、3年ぶりに欧州公演を催す。15年にパーヴォ・ヤルヴィ氏が首席指揮者に就任してから2度目。ヤルヴィ氏の出身地エストニアの首都タリンから始まり、ウィーンやベルリンなど7カ国主要9都市を巡る。「前回が大変好評だったので再訪し、N響の存在感を示す」とヤルヴィ氏。日本を代表するオーケストラが世界クラスにあることを示し、継続的な海外展開で知名度を高める戦略だ。

音楽が盛んな欧州の都市で定期的に演奏会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4882文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン