/

この記事は会員限定です

露地野菜、スマートに栽培 無人耕運機やドローン使い

[有料会員限定]

JA宮崎経済連(宮崎市)が国の「スマート農業実証プロジェクト」に採択され、実証に取り組んでいる。宮崎県は日照時間が長く、冬も温暖で、ビニールハウスなどを使わない「露地栽培」の農業が盛んだ。ホウレンソウ栽培で、無人トラクターやドローン(小型無人機)を活用したスマート農業の取り組みが動き始めた。

宮崎県立農業大学校(高鍋町)に広がる畑で、人が運転するトラクターと、全地球測位システム(GPS)で動く無...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン