/

ワクチン接種「丸投げされても」、豚コレラで愛知知事

愛知県の大村秀章知事は24日の記者会見で、農林水産省が検討している豚コレラのワクチン接種について「(最終判断を都道府県に)丸投げされても、できる県は一つもない」と述べた。そのうえで、ワクチンを接種した豚の流通や販売の仕組みを国が整えるべきだとの考えを示した。

農水省はワクチンを接種した豚の流通を一定の区域内にとどめる方針。大村知事は「制限すれば売れなくなる。大丈夫だと制度面で担保しないと、誰が何を言ってもできないのでは」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン