/

この記事は会員限定です

自民政調3本部、会長代理がけん引 社会保障・成長・財政

[有料会員限定]

自民党政務調査会の人事が24日、決まった。社会保障と成長戦略、財政再建の3テーマでつくった本部を中心に年末の予算編成などに取り組む体制だ。3人の政調会長代理がこれらの本部の運営で中心的な役割を果たす。首相官邸主導が定着した政策決定で党の関与を強めたいとしている。

陣容を決めた24日、岸田文雄政調会長が開いたのが、人生100年時代戦略本部の会合だった。安倍晋三首相が掲げた全世代型社会保障を党側で議論...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1305文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン