/

この記事は会員限定です

ハカセ支えたNYサンド、下積みの味 福岡伸一さん

食の履歴書

[有料会員限定]

福岡ハカセこと生物学者、福岡伸一さん(59)の原点は米ニューヨークにある。20代の後半、現地の大学で研究員として実験に没頭した。数少ない楽しみが、肉の薫製と発酵したキャベツを挟んだルーベンサンドイッチ。複雑な味は、そこで学んだ自然の深遠さと重なる。

ルーベンサンドは「複雑系」

それはアパートと研究室を往復する日々に、深夜営業している庶民のレストラン、ダイナーで見つけた。

ライ麦パンに、温かいパストラミとザワークラウト、スイス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2034文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン