/

この記事は会員限定です

新生銀行、誤算の株売却交渉 改革半ばでファンド退出

新生銀行の20年(上)

[有料会員限定]

新生銀行の筆頭株主が代わった。米投資ファンド「JCフラワーズ」が保有株を売却し、18%超を保有する政府が筆頭株主となった(「新生銀、米投資ファンドの売却完了 政府が筆頭株主に」参照)。JCフラワーズは1998年に破綻した日本長期信用銀行の受け皿となり、約20年にわたり株式を保有してきた。新生銀は公的資金を完済できず、米ファンドは経営改革の途上で退出する。新生銀の20年を振り返り、課題を探る。

「株式売り出しの準備をしたい」。JCフラワーズを主宰するクリストファー・フラワーズ氏は6月、新生銀の全取締役にメールで売却の準備...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1500文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン