北海道のドクターヘリ出動、年1600件超 地域医療支える

2019/9/24 18:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「空飛ぶ救急治療室」といわれるドクターヘリの出動が北海道で増加傾向にある。2018年度の道内4地域の出動数は1613件と4年連続で1600件を突破。医療過疎に悩む地域を支える武器として重要性が増している。冬の過酷な気候、広大な面積、そして限りある予算という条件下、ドクターヘリは「救える命」の可能性を求めて現場に飛ぶ。

9月上旬の快晴の朝、離着陸訓練のため旭川市の旭川赤十字病院を出発したドクターヘ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]