スギHD「異業種とM&A検討」 株価は上昇

2019/9/24 19:30
保存
共有
印刷
その他

ドラッグストア大手のスギホールディングス(HD)の業績が拡大している。24日発表した2019年3~8月期の連結決算は純利益が17%増の104億円と過去最高を更新した。スギHDは8月、同業のココカラファインとの経営統合の協議を打ち切った。今後、異業種を含めたM&A(合併・買収)を積極的に検討していく方針だ。

スギHDの笠井真経営企画室長は「ヘルスケアのNO.1カンパニーを目指し、異業種とも前向きに話し合いを進めていきたい」と語った。調剤薬局や介護・医療関連の事業を進める企業などが念頭にあるという。調剤併設型ドラッグストアの拡大や薬剤師・管理栄養士の健康指導など、サービス向上の認知度を高めれば「業界トップの売上高を目指すことは十分可能だ」とも語った。

スギHDの株価はココカラとの統合検討の発表直前の5月31日と比較すると、上昇率は18%と日経平均株価(7%)を上回った。ココカラと経営統合すれば、事後の統合作業に経営資源を配分せざるを得ない。統合コストを考慮すると、自社の成長に集中する方を市場が支持したようだ。

スギHDが展開するスギ薬局は24日、店舗内で特定保健指導を受けられるサービスを開始すると発表した。健康保険組合・国民健康保険組合の保険者の被扶養者向けに一部店舗で始める。被扶養者が自宅近くの薬局で気軽に受けられるようにし、実施率の向上に貢献したい狙いだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]