マレーシア外相、米国のイラン制裁強化「公平ではない」

2019/9/24 19:31 (2019/9/24 22:29更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【クアラルンプール=中野貴司】マレーシアのサイフディン外相は、サウジアラビアの石油施設攻撃について「すぐにイランを非難し、制裁を科すのは公平ではない」と述べた。イラン関与の疑いを強め、大幅に制裁を強化する方針を示したトランプ米大統領の姿勢を批判した。

24日までに日本経済新聞のインタビューに答えた。サイフディン氏は「まず必要なのは全容調査であり、性急に結論づけ、特定の集団を非難するのは正しくない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]