/

この記事は会員限定です

財政検証のリアリティー 老後2000万円では大幅不足

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

公的年金の財政検証が難解なのは、すべてを2019年価格で表示しているためだ。そこで与えられたデータをもとに、すべて名目値に置き換えてみた。最も楽観的なケース1では現在35歳の人が老後の36年間に受け取る年金の総額が3億3200万円に達し、想定生活費を差し引いて4600万円の余剰が出る計算になる。きっと株式相場も大幅高だろう。しかし、夢のような未来が財政検証の前提ならば、「100年安心」も絵に描い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2567文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン