2/28 15:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,968,083億円
  • 東証2部 68,063億円
  • ジャスダック 88,221億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.13倍 --
株価収益率14.21倍14.89倍
株式益回り7.03%6.71%
配当利回り2.14% 2.16%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,142.96 -805.27
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
21,080 -770

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

2月28日(金)14:22

東京ディズニーランド・シー 3月15日まで臨時休園[映像あり]

キリンHD 国内1万人を在宅勤務に 新型コロナで

2月28日(金)13:05

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

財政検証のリアリティー 老後2000万円では大幅不足
編集委員 前田昌孝

前田 昌孝
2019/9/25 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公的年金の財政検証が難解なのは、すべてを2019年価格で表示しているためだ。そこで与えられたデータをもとに、すべて名目値に置き換えてみた。最も楽観的なケース1では現在35歳の人が老後の36年間に受け取る年金の総額が3億3200万円に達し、想定生活費を差し引いて4600万円の余剰が出る計算になる。きっと株式相場も大幅高だろう。しかし、夢のような未来が財政検証の前提ならば、「100年安心」も絵に描い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム