/

この記事は会員限定です

米中摩擦、資本市場に飛び火 米強硬派が中国外し要請

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米中摩擦が株式投資や新規上場といった資本市場に広がってきた。対中強硬派の議員は米公的年金に中国株投資を見合わせるように要請した。米上場の中国企業には監督強化の流れが強まる。一方の中国は規制緩和で自国に海外マネーを呼び込む戦略に傾く。貿易と先端技術の争いが金融に及べば米中マネーの往来が滞り、経済を下押しする恐れがある。

対中強硬派の代表格、共和党のルビオ上院議員らはこのほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1424文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン