中国製品、相次ぐ安値流入 政府 難燃剤の不当廉売調査へ

2019/9/24 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は安価な中国製品の流入が増えていることへの対抗措置を急ぐ。財務省と経済産業省は主に建築用の断熱材に使う中国製の難燃剤に対し、10月にも反ダンピング(不当廉売)調査を始める方針だ。中国製品を対象にした不当廉売は2014年から4年連続で調査しており、今回で6事例目。中国の供給過剰という構造問題が解決されなければ、不当廉売措置の対象製品が増える可能性もある。

日本は15年以降、中国製品の不当廉売へ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]