研究開発 増額1位は武田 車関連も軒並み上位に
R&Dで切り拓け(1)

日経産業新聞
科学&新技術
2019/9/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社の「研究開発活動に関する調査」によると、2019年度の研究開発投資を18年度から最も増やす計画なのは武田薬品工業だった。昨年度から1227億円増やし、総額は4910億円を見込む。アイルランドの製薬大手、シャイアー買収が押し上げた。自動運転などの対応を急ぐトヨタ自動車など自動車関係の企業も、軒並み上位に並んだ。

増加額で1位になった武田薬品工業は今年1月、シャイアーを買収して世界トッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]