豊田乳児暴行死、二審も懲役3年6月 三つ子母親

2019/9/24 17:00
保存
共有
印刷
その他

愛知県豊田市で生後11カ月の三つ子の1人を床にたたきつけて死亡させたとして、傷害致死罪に問われた母親、松下園理被告(31)の控訴審判決が24日、名古屋高裁であった。高橋徹裁判長は、懲役3年6月の実刑とした一審・名古屋地裁岡崎支部の裁判員裁判判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

控訴審判決によると、松下被告は2018年1月11日、泣きやまない次男、綾斗ちゃん(当時11カ月)にいら立ち、畳の上に2回たたきつけて脳損傷で死亡させた。

高橋裁判長は判決理由で「生後僅かで母親によって生命と将来を奪われた被害者の無念さは計り知れず、刑事責任は相当重い」と指摘した。

控訴審で弁護側は、「1人で三つ子の世話をする過酷な育児で重度のうつ病を発症していた」と主張。実刑は重すぎるとして執行猶予付きの判決を求めていたが、高橋裁判長は「善悪の判断能力や、行動を制御する能力が著しく減退していたとはいえない」として、一審の結論を維持した。

松下被告は妊娠後、多胎出産の不安を保健師に伝えていた。豊田市は6月、市側が被告の訴えを認識していたのに、関係機関の連携不足で支援ができなかったとする検証報告をまとめた。市は出産後に保健師が家庭訪問するなどの再発防止策を取っている。

弁護側は判決後、「母親だけに育児がのしかかる現実が事件を引き起こす原因となっていることを、司法が理解しなかったのは大変残念だ」とのコメントを出した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]