リチウムイオン電池の性能向上へ ウィンゴーが新素材

2019/9/25 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

素材開発スタートアップのウィンゴーテクノロジー(岡山市)は、リチウムイオン電池の性能向上につながる新タイプのバインダー(接着剤)を開発した。高い強度と乾燥処理のしやすさを両立し、電池の大容量化に向けてシリコンを負極材として使いやすくする。スマートフォンや電気自動車(EV)向けの需要が高まるとみて、電池メーカー向けに売り込む。

リチウムイオン電池はプラス電極(正極)とマイナス電極(負極)の間をリチ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]