ゲノム編集食品 普及へ啓発
直談 専門家に問う

2019/9/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

狙った遺伝子を効率よく改変する「ゲノム編集技術」で開発した食品が10月にも流通可能になる。人の受精卵にゲノム編集し子を誕生させることは法規制する方針で国のルール作りが進む。ゲノム編集技術は食品・医療ともに実用段階まで達しつつある。実用化に向けた課題を日本ゲノム編集学会の会長を務める広島大学の山本卓教授に聞いた。

――食品に対するゲノム編集と人に対するゲノム編集の大きな違いは。

「食品の場合、ゲノ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]