ぺんてる、コクヨの直接出資を容認 業務提携協議加速へ

2019/9/24 16:04
保存
共有
印刷
その他

筆記具大手のぺんてるは24日、同社に間接出資している文具国内最大手のコクヨとの資本関係を見直したと発表した。コクヨは投資ファンドを通じて37%のぺんてる株を間接保有してきたが、直接出資に切り替えた。コクヨが5月に間接出資した際は独立性を守りたいぺんてるが反発、コクヨが求めた業務提携の協議も滞っていた。事業環境が厳しい中、ぺんてるは対立の長期化は得策でないと判断した。

ぺんてるはコクヨの直接出資を受け入れ、協業などの協議を前進させる(東京都内のぺんてる本社)

コクヨはぺんてるの筆頭株主だった投資会社マーキュリアインベストメントが運営するファンドに101億円出資し、ぺんてるの事実上の筆頭株主になっていた。非上場のぺんてるは株式の譲渡について制限を設けている。

ぺんてるは24日の取締役会で、ファンドからコクヨへの株の譲渡を承認した。譲渡手続きは同日付で完了し、コクヨは37%直接出資する筆頭株主となった。ぺんてるはコクヨの持ち分法適用会社になる。コクヨとぺんてるは、ぺんてるが拒んできた具体的な協業に関する話し合いを進めることでも合意した。

コクヨは間接出資後、ぺんてるが強みを持つ海外販路の活用などを狙い、業務提携を同社にもちかけた。だがコクヨはぺんてる株を直接保有しておらず、直接の株主はファンドのままだった。ぺんてるはファンドを介したいびつな資本関係のままではコクヨとの話し合いを進められないと難色を示していた。

コクヨが持つ株式は株主総会で重要事項に対する拒否権のある33.4%を超える。ぺんてるが懸念していた経営の独立性が将来、揺らぐ可能性もゼロではない。

それでもぺんてるが直接出資を受け入れた背景には経営環境の厳しさがあるとみられる。ぺんてるは連結売上高が約400億円と、3000億円を超えるコクヨの8分の1ほどにすぎないが、海外売上高比率は6割を超える。ただ近年では大ヒット商品に恵まれずに国内事業が苦戦し、減収減益が続く。

同じく国内市場の縮小に悩むコクヨは、1割に満たない海外売上高比率の底上げを目指している。直接出資により、両社で海外での販売協力や共同での商品開発に向けた協議を加速させる環境は整った。老舗の両社が事業面で相乗効果を生み出せるか、今後の焦点となる。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]