弁護士立てない「本人訴訟」サポートどうする?
民事裁判手続きのIT化 日本は米国やシンガポールに遅れ

法務インサイド
2019/9/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インターネットでの訴訟申し立て、提出文書にネットでアクセス――。政府が検討を進めている民事裁判手続きのIT(情報技術)化で、代理人弁護士を立てない「本人訴訟」への対応が課題となっている。書面を一切認めず、完全なIT化を目指すか。あるいは本人訴訟に限り、書面による手続きができるようにすべきか。ネットを通じた申請に不慣れな人が裁判を受けにくくなる懸念があり、サポート体制をどう築くか焦点となりそうだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]