/

この記事は会員限定です

廃プラ処理費用、事業者の過半数が値上げ

[有料会員限定]

中国などがプラスチックごみ(廃プラ)の輸入を規制した影響で、廃棄物を処理する事業者の値上げが相次いでいる。廃棄物処理のゲート(前橋市)は2018年から段階的に値上げし、直近では19年6月に1割の値上げを実施した。10月の消費税率の引き上げを前に再度の値上げを検討しているという。

クマクラ(埼玉県新座市)は4月に3割、ショーケン産業(石川県小松市)も5月に5割値上げした。

環境省が全国の産業廃棄物処...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン