/

この記事は会員限定です

白い身のニジマス、静岡・富士宮市の名物に

(現場から地方創生)

[有料会員限定]

静岡県富士宮市北部、富士山からの地下水が湧き出る源泉のすぐ近くに国内最大級のニジマス養殖場がある。柿島養鱒(かきしまようそん、静岡県函南町)の富士宮事業所だ。

「セ氏18度以下の水で育つニジマスにとって12~14度のこの場所は最適」と岩本いづみ社長。2キログラム以上に育った大型のニジマスは「富士山サーモン」のブランドで氷をつめた箱に入れて、その日のうちに東京・豊洲市場に運ばれる。

淡水で育つニジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン