/

この記事は会員限定です

再開業したホテルオークラ、中国革命の故郷だった

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

新中国建国から70年の今秋、東京にひっそりと中国革命の真の端緒になった出来事を記念する碑が建てられた。4年間にわたった建て替え工事を経て今月、再び開業したホテルオークラの本館「The Okura Tokyo」(オークラ東京)の前である。

中国革命の本当の故郷は東京だった――。いきなりそう言われても、多くの日本人は面食らうだろう。辛亥革命によって清朝が倒れ、共和国家の中華民国が誕生する端緒となったの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2349文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

習近平帝国の暗号 2035

著者 : 中澤 克二
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,980円 (税込み)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン