[FT]米労組復権、経済を強固に 資本優先から所得拡大

ラナ・フォルーハー
FT
FT commentators
2019/9/24 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国を代表する企業であるゼネラル・モーターズ(GM)でのストライキは一大事だ。先週、GM工場で12年ぶりに実施された全米自動車労組(UAW)のストは、世界的に注目を集めたニュースで、米国で労働組合活動が復活していることを大いに印象づけた。

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の操縦士による9月9~10日のストは、米国ではそれほど注目されなかったかもしれない(もっとも、1700便の欠航を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ラナ・フォルーハー

FT commentators

グローバル・ビジネス・コメンテーター

Rana Foroohar 米国生まれ。米ニューズウィーク、米タイムを経て2017年3月にFTに移る。米IT(情報技術)企業の事業を通じ蓄積した利用者のデータを駆使した事業モデルの在り方に早くから警鐘を鳴らしてきたことで知られる。米外交問題評議会の生涯会員。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

電子版トップ



[PR]