内定までいくらかかる? 「就活貧乏」の実態
就活探偵団

就活
日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/9/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イラスト=強矢さつき

イラスト=強矢さつき

内定を得るまでに、いくらぐらいかかるのか――。就活を始めた2021年卒学生に取材すると、「お金」に関する疑問をよく聞く。リクルートスーツ代や交通費、宿泊費など就活には様々な費用がかかる。かといって就活中はアルバイトもままならない。就活を終えた20年卒学生の先輩からのアドバイスを基に、就活とお金の問題を調べた。

「都内のオフィスビル事情に詳しくなりました」。大手インフラ系企業の内定を獲得した学習院大4年の村川亮輔さん(仮名)は苦笑いする。

茨城県出身で一人暮らし。親からの仕送りは月7万円ほどあるが、大半が家賃や光熱費に消える。週4日・時給1100円のコンビニでのアルバイトが収入源だ。しかし就活が本格化した3月以降、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]