プロ野球

巨人・阿部が今季限りで引退 通算405本塁打 強打の捕手

2019/9/24 8:24
保存
共有
印刷
その他

プロ野球巨人の阿部慎之助捕手(40)が今季限りで現役を引退することが24日、分かった。球団関係者が明らかにした。現役19年で通算2000安打、400本塁打を達成し、球界を代表する強打の捕手として活躍した。5年ぶりのセ・リーグ優勝を花道にする。

9月23日のヤクルト戦で今季6号本塁打を放った阿部=共同

9月23日のヤクルト戦で今季6号本塁打を放った阿部=共同

阿部は近日中にも記者会見を開き、引退を発表するとみられる。

1979年千葉県出身。安田学園高、中大を経てドラフト1位で巨人に入団した。長嶋茂雄氏の監督最終年だったプロ1年目(2001年)から正捕手として活躍。守備の負担が大きいポジションながら長打力を兼ね備え、昨季まで18シーズン連続2桁本塁打(20本以上は通算9シーズン)をマークした。

12年には首位打者(打率3割4分0厘)、打点王(104打点)の活躍で日本一に貢献。リーグ最優秀選手にも選ばれた。プロ19年で2度の3連覇を含む8度のリーグ優勝、3度の日本一にも貢献した。日本代表として五輪、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも各2度出場し、09年の第2回WBCでは2連覇に貢献した。

5年ぶりのセ・リーグ優勝を決め、原監督のファンへのあいさつに向かう阿部(左)=共同

5年ぶりのセ・リーグ優勝を決め、原監督のファンへのあいさつに向かう阿部(左)=共同

近年は度重なるケガの影響もあり、一塁手へのコンバートも経験した。先発出場の機会も減ったが、17年には通算2000安打を達成。今年6月1日には史上19人目となる通算400号本塁打を達成した。23日には神宮球場でのヤクルト戦で今季6号ソロを放った。

23日現在の通算成績は出場2279試合、2131安打、405本塁打、1284打点、打率2割8分4厘。

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

1位指名を受け、駆けつけた広島・佐々岡新監督(左)とポーズをとる明治大の森下暢仁投手(17日、東京都千代田区)=共同

 プロ野球のドラフト会議が17日、東京都内で開かれ、アマチュア球界一の豪腕として注目された岩手・大船渡高の佐々木朗希投手は日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団が1位指名で競合し、抽選の結果、ロッテが交 …続き (17日 19:42)

ロッテがドラフト1位で交渉権を獲得した佐々木朗希=共同

 プロ野球のドラフト(新人選手選択)会議が17日、東京都内のホテルで開かれた。最速163キロで「令和の怪物」とも称される佐々木朗希(岩手・大船渡高)は西武、楽天、ロッテ、日本ハムの4球団が1位指名し、 …続き (17日 17:28)

今夏の岩手大会で注目された大船渡の佐々木朗希投手=共同

 プロ野球のドラフト会議が17日、東京都内で開かれる。目玉は最速163キロで「令和の怪物」とも言われる佐々木朗希(岩手・大船渡高)と、今夏の甲子園で準優勝した奥川恭伸(石川・星稜高)の2人の高校生投手 …続き (16日 20:54)

ハイライト・スポーツ

[PR]