プロ野球

代打メヒア走者一掃の決勝打、西武がマジック2

2019/9/23 19:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

内角の153キロの速球を力ではじき返した。2-2で迎えた八回2死満塁。代打で登場した西武・メヒアの「(野手の)間に落ちるかどうか、半々だと思った」という当たりが左中間へ飛ぶ。楽天の辰己、島内が懸命に追うが打球は2人の間にポトリ。走者一掃の勝ち越し二塁打だ。

【23日のプロ野球 結果と戦評】

四回に先制も、その後拙攻の繰り返しで追加点が奪えなかった。すると七回には好投を続けていた先発の本田が楽天の4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

3連覇を果たしたソフトバンクの工藤監督(中央右)と日本シリーズ4連敗だった巨人の原監督=23日、東京ドーム

 ソフトバンクは24日、工藤公康監督と来季から2年契約で合意したと発表した。就任5年目の今季が契約最終年で球団は続投を要請していた。
 工藤監督にとって2年ぶり3度目のリーグ優勝を目指した今季は2年連続 …続き (3:44)

力投するソフトバンク先発の和田

 日本一が懸かった試合でも気負いなく投げる姿は38歳のベテランならではだった。ソフトバンクの和田は5回を投げて被安打1、奪三振6、無失点。前身のダイエー時代の2003年以来、16年ぶりの日本シリーズ勝 …続き (23日 23:26)

4連敗で日本シリーズを終え消沈する巨人ベンチ

 巨人は腰痛からの復帰マウンドに「投げたら動けないぐらいの覚悟でやりたい」と悲壮な決意で臨んだエース菅野の足を、若手野手が引っ張った。拙守がことごとく失点につながって競り負け。経験の浅さが響き、4連敗 …続き (23日 23:20)

ハイライト・スポーツ

[PR]