韓国検察、疑惑の法相の自宅捜索

2019/9/23 11:38
保存
共有
印刷
その他

23日、ソウル市内の自宅を出る韓国の曺国法相=聯合・共同

23日、ソウル市内の自宅を出る韓国の曺国法相=聯合・共同

【ソウル=小倉健太郎】韓国の複数のメディアが23日、曺国(チョ・グク)法相の自宅を検察が同日午前、捜索したと報じた。曺法相を巡っては娘の大学院不正入学や夫人の私文書偽造など複数の疑惑が浮上している。検察を指揮する立場の法相の自宅に家宅捜索が入るのは、韓国メディアによると初めて。

曺法相を巡る疑惑は家族に対するものが中心だった。ただ、曺氏が国会の人事聴聞会で述べた証言が事実でなかったり、家族の疑惑に関連して証拠隠滅をしたりした可能性なども野党は指摘している。指摘通りなら法相が罪に問われる異例の展開となる。

「明確な違法行為が明らかになっていない」として曺氏の法相任命を強行した文在寅(ムン・ジェイン)大統領にとっても打撃になりかねない。

家宅捜索のため、韓国の曺国法相の自宅があるマンションに入る検察関係者(23日、ソウル)=聯合・共同

家宅捜索のため、韓国の曺国法相の自宅があるマンションに入る検察関係者(23日、ソウル)=聯合・共同

文大統領が曺氏の法相任命にこだわったのは、検察が独占している捜査権の一部を警察に委譲する検察改革を断行するためだ。検察の力が強すぎるとの判断がある。検察が曺氏の疑惑を追及するのは組織防衛の面もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]