小泉環境相が国連デビュー 気候変動「日本は本気」

2019/9/23 9:31
保存
共有
印刷
その他

国連の気候関連イベントで話す小泉進次郎環境相(右)=22日、ニューヨークの国連本部

国連の気候関連イベントで話す小泉進次郎環境相(右)=22日、ニューヨークの国連本部

【ニューヨーク=大島有美子】小泉進次郎環境相は22日、ニューヨークの国連本部内で開かれた気候変動問題に関連する会合に出席した。国連総会の期間中は各国の環境担当閣僚との会談もこなす。記者団に対して「スピード感を持って、できることは全部やる。日本は本気だということを伝えるべく動きたい」と抱負を述べた。

国連の会合では各国の代表が、都市で温暖化ガスの排出を抑える施策について話し合った。小泉氏は準備した紙を読まず、冗談も交えながら英語でスピーチした。

小泉氏は東京都や京都市に続き、横浜市でも2050年までに温暖化ガスの排出を実質ゼロにするよう要請した話を紹介した。横浜市はこれまで「50年を見据えて」と表現していたが、小泉氏の要請で前向きな姿勢を示したという。会合では「政府の役割も非常に重要で、世界の脱炭素化に積極的に関わっていく」とも強調した。ただ、具体策は盛り込まなかった。

国連の気候関連の会合に出席した小泉進次郎環境相(22日、ニューヨーク)

国連の気候関連の会合に出席した小泉進次郎環境相(22日、ニューヨーク)

小泉氏が就任後、国際的な会合に出席し外交に携わるのは初めて。12月に開催予定の第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)で議長国を務めるチリの環境相とも会い、連携を確認した。記者団に対し「日本が気候変動の取り組みで、世界で主導的な役割を果たしたいという思いを伝えることができた」と手応えを示した。

アジア地域の再生可能エネルギーの利用を促す会合後の記者会見では、気候変動問題に取り組むことは「楽しく、クールでセクシーだ。若い世代がキーになると思う」と述べた。

23日には欧州連合(EU)など各国の首脳級が集まる「気候行動サミット」に出席する。米国やドイツの環境担当閣僚との会談を予定している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]