プロ野球

ソフトバンク、抑えの森がピシャリ 優勝へ望みつなぐ

2019/9/22 22:43
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクは終盤に1点差まで追い上げられたが、辛くも逃げ切った。八回2死三塁のピンチをしのぎ、九回もしっかり締めた抑えの森は今季35セーブ目。楽天・松井とのタイトル争いには目もくれず、「僕の記録なんてどうでもいい。しっかりチームが勝てるように」と力強く語った。

【22日のプロ野球 結果と戦評】

 オリックスに勝利し、タッチを交わす森(左端)らソフトバンクナイン=共同

オリックスに勝利し、タッチを交わす森(左端)らソフトバンクナイン=共同

先発の和田は「投げきれるところまで」と4回2失点の粘投。救援陣に後を託し、嘉弥真、甲斐野が五回、六回を3人ずつで抑えると、打線もこれに呼応するように4点のリードを奪った。

だが、すんなりとはいかない。七回は高橋純、モイネロが四球を引き金に3失点。八回も武田が四球で出した走者が三塁まで進み、森の出番に。打撃好調の宗をカットボールで遊ゴロに仕留め窮地を脱した右腕に、工藤監督も「集中力が違う。しっかり腕を振ってくれた」と感謝しきりだ。

前日の本拠地最終戦で大敗を喫し、肩を落としたソフトバンクだが、打線では柳田が3安打2打点の活躍。8月下旬に戦線復帰後、初の猛打賞は明るい材料だ。西武とのゲーム差は1。逆転優勝への望みをつないだ森は「残り4試合、すべて勝ちたい」と勇ましかった。(影井幹夫)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 巨人は16日、鈴木尚広外野守備走塁コーチ(41)から「一身上の都合」を理由に退団の申し出があり、了承したと発表した。19日からソフトバンクとの日本シリーズを控える中での退団となった。
 鈴木コーチは現 …続き (12:33)

 ヤクルトの高津臣吾新監督は15日、東京都内の球団事務所でスカウト会議に参加し、17日のドラフト会議で石川・星稜高の奥川恭伸投手を1位指名することを明らかにした。「投手事情を考えるとスワローズの弱点は …続き (15日 19:37)

 ロッテは15日、千葉市のZOZOマリンスタジアムでスカウト会議を開き、17日のドラフト会議で岩手・大船渡高の佐々木朗希投手を1位指名することを決めた。最速163キロの剛速球を武器にする高校生投手に、 …続き (15日 19:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]