/

この記事は会員限定です

臨時国会、日米貿易協定と改憲に傾注 提出法案約15本

[有料会員限定]

政府は10月4日に召集する臨時国会で新たに提出する法案を15本程度とする調整に入った。国連総会に合わせた日米首脳会談で署名をめざす日米貿易交渉の協定案の承認や、憲法改正論議の進展に照準を合わせるため法案を最小限に絞り込む。

2012年12月の第2次安倍政権発足以降、臨時国会の政府提出法案の数では2番目の少なさになる。最も少なかったのは18年の13本だった。政府・与党は先の通常国会に続き、野党との摩...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1289文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン