「携帯端末代半額」注意喚起へ 消費者庁、誤解の恐れ
新料金で「消費者に不利益も」

携帯料金見直し
2019/9/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

消費者庁は週内にも携帯電話事業者の新料金に関し、消費者に注意喚起する方針を固めた。一部事業者による端末代金の「最大半額」などの広告で、消費者が不利益を被る恐れがあると指摘する方向だ。端末代とは別名目の料金を課すことで消費者の実質負担が端末代の半額を越える可能性があるとみて、広告が誤解を与えかねないと判断した。

政府が値下げを求めて法改正した10月以降も主要3ブランドの料金は高止まりする見通しで、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]